肌に熱を加えると肌トラブルが起こりやすくなる

ムダ毛をツルツルにできる医療レーザー脱毛ですが、なんとなく選んだ脱毛クリニックを利用して失敗をする人もいます。高度な脱毛機を使用していても、その後のケアに問題があると肌荒れが生じる可能性があります。例えば脱毛当日に入浴して肌が痛くなったり、赤くなったりする人がいるのです。医療レーザーを照射すると肌が敏感になり、湯船に浸かるとダメージを受けます。肌を温める行為全般は好ましくなく、入浴以外にもサウナや日焼けなどには注意する必要があります。医療機関では肌状態や毛質に合わせて処理をしてくれますが、脱毛後のアフターケアの指導はクリニックによって差が出ますから、しっかりと説明してくれるところを選びましょう。

脱毛技術の高いクリニックを選択しよう

医療脱毛の強みは医療行為ができることで、もし脱毛して肌荒れを起こしても速やかに治療ができます。軟膏薬を処方してくれるクリニックもあり、肌がヒリヒリしたり炎症が生じたりする場合に役立ちます。一般的には保湿液を塗布しておけば肌状態の悪化を避けられますが、敏感肌に傾いている状況だと荒れてしまう可能性があるのです。稀に毛嚢炎や硬毛化などのトラブルを招く可能性もあり、特に後者は予防・治療をするのが難しいです。詳しい原因の特定ができないためですが、脱毛の技術力が大きく関係していると言われています。美容皮膚科でも医療脱毛を受けられるところが多いですが、それよりも脱毛専門クリニックで脱毛したほうが安心できます。